わかりやすい説明をする

治療方法を教えてくれる

何も説明がないと、子どもは何をされるかわからないので不安に思います。
きちんと説明してくれる歯医者を利用してください。
またその時の説明が、子どもの年齢に合わせてわかりやすく伝えることも重要な条件です。
まだ小さな子どもに対して、難しい言葉や専門用語を使って説明しても理解できません。
より怖い治療だと感じるので、子どもが治療を拒否する可能性もあります。

説明が上手な意思は治療も上手なので、安心して任せられるでしょう。
子どもが歯の痛みを訴えたら、すぐ歯医者に行くことを心がけてください。
我慢していると悪化するので、より大きな痛みを感じるようになってしまいます。
早く歯医者に行けるよう、いいところを探しておきましょう。

質問に答えてくれる

最初に治療方針を説明されますが、1回聞いただけでは理解できないかもしれません。
その際は質問しても良いので、どんどん聞いてください。
大人だけでなく、子どもの疑問にも対応してくれる歯医者がおすすめです。
感じた疑問に、真摯に向き合うことで子供は歯医者を信頼できます。
最初は不安でも解消されるので、大人しくなるでしょう。

前もって子どもに、わからない部分があれば遠慮しないで聞くように伝えてください。
子どもが恥ずかしがっているようだったら仕方がないので、親が代わりに質問しましょう。
たくさん知識を持っている医師でも、説明がわかりにくい場合は避けた方が良いでしょう。
子どもが不安を抱くので、治療したくないと言う可能性があります。